• 保障制度について
  • インプラント治療について
  • 設備紹介
ホーム > 歯周病との関連性

歯周病との関連性

歯を失う最大の原因

歯を失う最大の原因のイメージ

歯を失う最大の原因のイメージ 統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病と言われております。
しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。実は10代の頃から少しずつ進行しており、長い歳月をかけ、歯肉をジワジワと気付かれないスピードで壊しております。
歯ぐきからの出血が自覚症状として出る30代の頃には、既に歯肉炎・歯周炎になっています。

歯周病は虫歯と異なりほとんど痛みがでないため、
気付いた時には抜かなければいけな…ということも多々ある恐ろしい病気なのです。

歯周病の悪化

歯周病の進行段階を大きく分けますと下記の4段階に分類されます。

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎

多くの方は、「歯肉から出血している」といった自覚症状が出て初めて歯科医の診察を受けに来られる、もしくは相談に来られますが、このような症状があるときは、既にかなり進行している場合が多いです。

さらに、そのまま放置して歯周病が悪化し、歯を抜かなければいけない状況になると、多くの障害が出てきます。
50歳代で「自分の歯がほとんどない」という状態を防ぐ為にも、日常生活から歯周病の予防を意識して頂ければと思います。

歯周病治療について

歯周病の症状は50歳を過ぎてから大きく差が出てきます。
快適な食生活や健康を維持するためには、なるべく多くの歯を残せるようにしっかりと治療していかなければなりません。
歯周病は、しっかり治療することで治せる病気です。
歯周病は歯周病菌の感染が直接的要因ですが、歯周病を悪化させる原因には、咬み合わせ、不適合なかぶせ物、全身疾患なども影響してきます。
それぞれの原因に対して、しっかりと治療しないと歯周病は治すことができません。

インプラント治療とペリオ(歯周病)治療

インプラント治療とペリオ(歯周病)治療のイメージ

インプラント治療の症例の約8割は、天然歯との共存になります。
歯周病によって歯が抜けたのであれば、残っている天然歯も歯周病にかかっている可能性が高いです。それらの治療しないままインプラントのみに従事してしまうと、高額な費用をかけたインプラントにも影響が出て、周囲に炎症を起こし、場合によっては脱落してしまうこともあります。
安全なインプラント治療をするためにもペリオ(歯周病)治療は必要不可欠なのです。
インプラントを希望される方の中には、歯周病で歯がぐらついている方が多いです。
その場合、まずは残っている歯を健康な状態にしてからインプラント治療に移る必要があります。

他の残っている歯や骨を、どれだけ健康な状態に保っているかという点が、インプラントを長持ちさせる秘訣なのです。
インプラントを長持ちさせるには、歯肉や骨の再生・移植などの高度な歯周病治療の技術が必要不可欠です。

医療法人宝田歯科クリニック

東京都新宿区西早稲田2-19-13

お問い合わせ